連続対話+企画展示「百代の過客」 | ART BASE MOMOSHIMA

1/1

連続対話+企画展示「百代の過客」

¥ 3,300 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

2019年10月5日〜12月15日に尾道市・百島で開催した連続対話+企画展示「百代の過客」の全3回の対話内容をおよび企画展示風景を収録。
都市部から離れた離島で開催した本展が「あいちトリエンナーレ2019」の問題を経て炎上し、電話やSNSによる批判、地域への対応に追われた一部始終まで記録しています。
そして新型コロナウイルスの影響により中止された「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」の回顧録も編纂し、近年の地域振興としての芸術祭と表現の自由についての考察をまとめています。

〈概要〉
編・発行:NPO法人ART BASE百島
デザイン:大溝裕(Glanz)
サイズ:14.8 × 21.0 × 1.5cm(A5版)
頁数:180頁
仕様:並製本
発行予定:2021年4月1日
発行部数:初版1000部
ISBNコード:978-4-600-00686-0

〈対話〉
第一回「憲法と芸術」
志田陽子(憲法学者)、島本脩二(編集者)、Shing02(MC/プロデューサー)、柳幸典(現代美術家) 
第二回「芸術とプロパガンダ」
河本真理(美術史学者)、辻田真佐憲(近現代史研究者)、毛利嘉孝(社会学者)
第三回「表現の不自由を越えて」
大浦信行(美術家、映画監督)、北原恵(美術史学者)、小泉明郎(美術家、映画監督)

〈展示作家〉
池内美絵、榎忠、大浦信行、小泉明郎、柳幸典
Matrix: 八島良子

〈執筆〉
柳幸典(アートベース百島ディレクター、現代美術家)
「永遠に旅を続ける百代の過客として」
小野環(アーティスト、尾道市立大学准教授)
「ひろしまトリエンナーレとはなんだったのか」

〈収録〉
企画展示風景
百代の過客タイムライン
ひろしまトリエンナーレ回顧録

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 3,300 税込

最近チェックした商品
    その他の商品